【損する人がやっている事】GoogleアプリがあればOfficeは要らない【2020年最新】

【損する人がやっている事】GoogleアプリがあればOfficeは要らない【2020年最新】

事業を運営するために事業管理は必要不可欠ですよね?

みなさんはそんな時にどんなツールを使っていますか?

  • Excel?
  • Word?
  • PowerPoint?

この記事は最後まで読まないとタイトルの意味が分かりません。読み終わる頃には損しない人のマインドセットになっているはずです。

目次

  1. Microsoft Office(マイクロソフトオフィス)
  2. まとめ

スポンサードサーチ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

Microsoft Office(マイクロソフトオフィス)

Microsoft Office(マイクロソフトオフィス)
Microsoft Office(マイクロソフトオフィス)
世界最大規模のシェアを誇るソフトウェア「Microsoft Office」
誰もが知っているMicrosoftのオフィス。一度は使ったことがあるんじゃないでしょうか?
 

具体的に言うとスプレッドシートドキュメント、スライドです。

更に具体的に言うとスプレッドシートはExcel、ドキュメントはWord、スライドはPowerPointです。

なんでGoogleアプリを使った方がいいかと言うと単純に無料だからランニングコストがかからないです。

パソコンを買う時にオフィスが入ってるから入ってないかでドキドキしなくていいし、毎年の更新料も払わなくていいんです。

機能的にもスプレッドシートはExcelとほとんど変わらず、関数も使えるしマクロも組めます。

少なくとも僕はスプレッドシートを使っていて使いにくさを感じた

「やっぱりExcelだな」

と数万円払ってExcelを導入する気にはなりませんでした。

ただ、もっと効率的で生産性を上げる機能がGoogleアプリにはあります!

これらよりも感動したのはWeb上で完結するので共有がしやすい、という事です。

例えば、あなたがお店のオーナーだった場合、Excelを使ってるとExcelが入ってるパソコンでしかデータを編集できません

でもお店のGoogleアカウントでスプレッドシートで売上表を作って編集してるとリアルタイムで各お店の店長さんもスプレッドシートの売上表を見られます。

編集もできるので、電話でもZOOMでも画面共有して売上表の確認などをどこにいてもできます。スマホからでもできます。

今で言えば新型コロナウィルスでリモートワークが主流になりつつありますが、Googleアプリを使えばかんたんに導入できます

これ言うと元も子もないですけど、オフィスとの互換性もあるので

「もうパソコンに入ってて使い慣れたExcelで作業したい」

という事なら、Excelで作ったシートをGoogleドライブに保存することで、Web上ではスプレッドシートとして共有することもできます。

デメリットがあるとすればネット環境がないと使えないということです。

でも今の時代ネット環境のない仕事場なんてありますか?Wi-Fiなんてカフェでも飛んでます。

もしネット環境がないならWi-Fiは月額4000~5000円で使えるので契約した方がいいです。

まとめ

今の時代、情報を知らないと本当に損します

今回ご紹介したものは小技です。本質ではないです

ただ単にどうせ同じ生活を送るならこういう事前準備をしたり、知っておくだけで、あとは何もしなくても少し暮らしやすくなる、という事です。

そして注意点もあります。

お金にまつわることには詐欺などの犯罪がつきものです。

気を付けながら使いましょう。