【おすすめ】イヤホンになるスマートウォッチEarBand(イヤーバンド)【iPhone/Android】

【おすすめ】イヤホンになるスマートウォッチEarBand(イヤーバンド)【iPhone/Android】
スマートウォッチ、みなさん使ってますか?

Apple Watchを始めとしてさまざまな機能や特徴を持つスマートウォッチが世に出ています。

そんな数あるスマートウォッチの中のEar Band(イヤーバンド)を今回ご紹介します。

スポンサードサーチ

スマートウォッチ「Ear Band(イヤーバンド)」

【おすすめ】イヤホンになるスマートウォッチEarBand(イヤーバンド)【iPhone/Android】
腕時計なのに「イヤー(耳)」?
こんなクエスチョンが頭の上に出てる人が多いと思います。
なぜ腕時計であるスマートウォッチなのに「EarBand(イヤーバンド)」なのか?
それはこのイヤーバンドの機能にあります。
スマートウォッチ「EarBand(イヤーバンド)」はウェアラブル端末として、腕に付けられれば、耳にも付けられます。
つまり、イヤホンにもなるのです。
この見出しの写真にあるように腕時計のバンド部分と端末部分が取り外し可能なので、端末部分がそのままイヤホンになります。



あまりない発想でしたが、腕時計とイヤホン、サイズ感はピッタリですよね。

「時計を耳につけてどうするんだ?!」

はいはい、ちゃんと音楽が聞けるんです

Bluetoothに接続可能なので、そのまま音楽端末として音楽も聞けるし、通話だってできます。

ウェアラブル端末の付ける場所を変えるだけで、スマートウォッチの機能もさまざまな広がりを見せるんですね。

スマートウォッチ「Ear Band(イヤーバンド)」の機能

腕時計とイヤホンの二刀流のEarBand(イヤーバンド)には機能も多い?!
スマートウォッチ「EarBand(イヤーバンド)」は二刀流!
ウェアラブル端末界の宮本武蔵と呼ばれています。(※呼ばれていません
そんな宮本武蔵EarBand(イヤーバンド)には機能も盛りだくさん。
EarBand(イヤーバンド)の機能
  1. 時計
    • 目覚まし時計・アラーム
  2.  ランニング
    • 走路マップの表示
  3. 消費カロリー
    • ランニングやサイクリング、筋トレの運動量を自動計算
  4. 心拍数
    • 24時間定期的に自動記録
  5. 歩数計
    • 自動計測・記録
  6. 移動距離
    • 自動計測・記録
  7. 疲労度
    • 異常時にアラート
  8. 座りがち警告
    • 長時間の座りすぎを警告
  9. 睡眠の質
    • 眠りの状態・時間を記録
  10. ヘッドセット
    • ワンプッシュで取り出し、Bluetoothで自動接続
  11. 着信通話
    • 電話の着信・拒否
  12. 声で電話発信
    • 音声アシスタント対応
  13. 音楽再生
    • ミュージックアプリ連携
  14. 遠隔カメラ撮影
    • リモートでシャッター
  15. 端末を探す
    • 紛失した端末を位置検索
  16. タイマー
    • 時間をカウントダウン
  17. ストップウォッチ
    • 時間を計測
  18. 通知
    • 着信・メール・SNS対応

ふぅ、一息で来ましたね。

意外と多くて目で追っていくにも覚悟してないと「まだあるの?!」となっていたと思います。

最初の「時計」という当たり前の機能に続いて、ランニング時の走路の表示などシチュエーションによってあったら便利・助かる機能が次から次へ、という感じですよね。

スポンサードサーチ

スマートウォッチ「Ear Band(イヤーバンド)」の専用アプリ「WoFit」

スマートウォッチ「Ear Band(イヤーバンド)」の専用アプリ「WoFit」
Ear Band(イヤーバンド)のiPhone用/Android用アプリ「WoFit」
イヤーバンドには「WoFit」という専用アプリがあります。
BluetoothでiPhoneとスマートフォンと連携する事でイヤーバンドの機能を最大限に活かせます。
例えば
  1. SNS(LINEやFacebook、Twitterなど)の通知
  2. アプリ連携でディスプレイに通知
  3. SiriやGoogleアシスタントで電話をかける
  4. 音楽プレイヤーを音声で操作
  5. マップなどを音声で操作
  6. ワンプッシュでハンズフリー通話

などなど、さまざまな機能の使い方の幅が広がります。

Bluetoothへの接続方法もかんたんで、あらかじめBluetoothを設定しておけばバンドからイヤホン部分を取り外すと自動で繋がります。

イヤーバンドを手に入れたら絶対に入れておいた方がいいアプリですね。



日本経済新聞「NIKKEIプラス1」

日本経済新聞「NIKKEIプラス1」
出典:https://e-watch.net/news/5dcd0cc2a3423d0f0de6d878
2019年10月に日本経済新聞「NIKKEIプラス1」にEar Band(イヤーバンド)が紹介されました
Ear Band(イヤーバンド)は日本有数の経済紙日本経済新聞に紹介されています。
日経が紹介するということはタダのスマートウォッチではなく、ウェアラブル端末の中でも前例のない新感覚のスマートウォッチであることが証明されたと思います。
「時計が電話に早変わり」
この紹介見出しはイヤーバンドにピッタリですね。
しかも価格帯もスマートウォッチの定番であるApple Watch(アップルウォッチ)なんかと比べると3分の1に抑えられた16,500円!
豊富な機能やさまざまなシチュエーションで活躍が期待できる事を考えるとお買い得さが分かりますね。

スポンサードサーチ

まとめ

「時計が電話に早変わり」のEar Band(イヤーバンド)はいかがだったでしょうか?

知らなかった人、気になってた人、すでに買った人などこの記事が参考になってもらえればうれしいです。

IoT(モノのインターネット)の普及で身近にあるいろんなモノがインターネットとつながって、その利便性は高まっていくばかりです。

すでに家庭用電化製品をはじめ、電話、時計、家のカギなど、その普及は止まりません。

むしろ止まらないで欲しいですが、2020年にG5が始まって、IoTの展開規模も今とは桁違いな、SF映画のような展開となるかも知れませんね。

余談となりましたが、まずは今の時代のIoT、イヤーバンドをお楽しみください。