【おすすめ節約術】ルームシェアとは違う失敗しないシェアハウスの始め方【シェアハウス・ゲストハウスの東京オークハウス】

【おすすめ節約術】ルームシェアとは違う失敗しないシェアハウスの始め方【シェアハウス・ゲストハウスの東京オークハウス】
節約したいと思ったことはありますか?
少しでも節約したいと思ったことがある人は読んでみて下さい。
今回は生活費の中で金銭的に一番高い家賃の節約になるシェアハウスができるおすすめサイトを紹介します。

スポンサードサーチ

クラウドソーシング「ランサーズ」

ルームシェアとシェアハウスの違い

「シェアハウス」と聞いて「ルームシェア」を思い浮かべる人は多いんじゃないでしょうか?
僕もそうでした。
そこで「シェアハウス」と「ルームシェア」を比較してその違いを紹介します。
  • シェアハウスは家(ハウス)をシェアする
  • ルームシェアは部屋(ルーム)をシェアする

大きい違いはこれだけですが、ルームシェアは直接貸主から物件を借りて住むのに対して、シェアハウスは入居者の募集から運営、物件管理までを運営事業者が行い借主へ賃貸するケースが多い様です。

日本でも少しずつ存在が知られ始めてきたシェアハウスは、一般の住宅とは住み方が異なるため専門の運営事業者が必要という事ですね。

またルームシェアとシェアハウスの違いとしては、同居できる人数も当然違います。

ルームシェアは部屋を分け合うので、その部屋数にもよりますが人数は2~4人などに限られてきますよね?

シェアハウスは一軒家を分け合うので、これも家の規模によりますが、数十人となる時もあります。ルームシェアとは規模が違いますね。

では、ルームシェアをした時とシェアハウスをした時を比較して、それぞれのメリット・デメリットも見てみましょう。

ルームシェアとシェアハウスのメリット・デメリット

ルームシェアとシェアハウスの違いが分かったところでそれぞれを比較してメリット・デメリットを紹介します
ルームシェアシェアハウス
メリット生活費を節約できる生活費を節約できる
1人で住むより良い部屋に住める1人で住むより良い部屋に住める
独り暮らしの孤独感がない独り暮らしの孤独感がない
助け合って生活できる助け合って生活できる
防犯上1人より安心できる防犯上1人より安心できる
家電や家具を折半して揃えられる家電や家具が揃っている
持ち込みが少ないので引っ越しが楽
シェア人数が多いと友達を呼びやすい
デメリットプライベート時間が減るプライベート時間が減る
喧嘩しても同じ空間にいなきゃいけない喧嘩しても同じ空間にいなきゃいけない
共有スペースを好きなタイミングで使えない共有スペースを好きなタイミングで使えない
生活リズムが合わないと暮らすのに苦労する生活リズムが合わないと暮らすのに苦労する
相手都合でルームシェア解消のリスクがあるシェア人数が多いとトラブルも多くなる
シェア人数が多いと苦手な人と住まないといけないかも知れない

それぞれメリットとデメリットがありますが、シェアハウスの方がメリットが多く、シェア人数が増えればデメリットも増える傾向のようです。

また、すでにお話しした通り、シェアハウスはルームシェアとは違い、運営事業者を仲介してシェアハウスへ入居します。

つまり、シェアハウスを管理する運営事業者によってもメリット・デメリットは変わるという事です。

スポンサードサーチ

クラウドソーシング「ランサーズ」

シェアハウス・ゲストハウスの東京オークハウス

オークハウスはシェアハウスはもちろんのこと、賃貸アパートも東京、神奈川、埼玉、千葉など様々なエリアから、ご希望の条件に合ったお部屋を検索できるポータルサイトです。空室情報は毎日更新されますので自分にあったお部屋を探せます。
ホテル事業から始まった株式会社オークハウスが運営するシェアハウス・ゲストハウスの東京オークハウス
東京オークハウスが提供するシェアハウスの共有スペースはホテルのような仕様のものが多いです。
ラウンジ
ラウンジ
ダイニングキッチン
ダイニングキッチン
お風呂・シャワー
お風呂・シャワー
トイレ(パウダールーム)
トイレ(パウダールーム)
マルチスタジオ
マルチスタジオ
シアタールーム
シアタールーム

オークハウスが提供するシェアハウスの一部ですが、ホテルのような観光施設のような雰囲気ですよね?

こんな常識離れした家に住めるのはシェアハウスで大勢で家賃を折半しているからです。

とは言ってもそれ以上にオークハウスが提供するシェアハウスに感動を覚えるかも知れませんね。

東京オークハウスの部屋の比較

シェアハウスはその部屋の種類の多さも特徴のひとつです
シェアハウスには多いと100人規模の同居生活が可能です。
そうなると当然部屋の数はルームシェアの場合と違い、一人一部屋というわけにもいきません。
そんな時はどんな部屋に住むのか?シェアハウスにはどんな部屋の種類があるのか?を見ていきましょう。
部屋の種類部屋の特徴
シングルルームプライベートタイプ
シェアルーム2人1室のシェアタイプ
ドミトリー4~8人1室の相部屋タイプ
コンパートメント寝台列車の個室の様な
小型プライベートルーム
セミプライベート広い空間を間仕切り1人1区画で
プライベートの確保された部屋
アパートメント一般の個室タイプ

少人数で部屋をシェアするルームシェアの様なタイプや大人数で暮らす部活の合宿の様なタイプ、また普通のアパートやマンションの1室に住む完全プライベートの個室タイプなど様々な種類の部屋が用意されています。

当然、部屋の種類によって設備や家賃は違いますが、具体的に東京オークハウスのシェアハウスはどんなところがお得なのか?紹介していきます。

スポンサードサーチ

クラウドソーシング「ランサーズ」

シェアハウスはどのくらいお得なのか?

実際、シェアハウスに住むと一人暮らしより安いのか?
シェアハウスには先に紹介したようにいくつも部屋の種類があり、ラグジュアリーな設備が完備されているシェアハウスもあるので、家賃自体はアパートやマンションで一人暮らしするのと変わらないケースもあります
ここで、一般のアパートやマンションを賃貸して一人暮らしをする場合にかかる費用を確認しましょう。

一般賃貸住宅の場合

初期費用
  1. 家賃
  2. 敷金
  3. 礼金
  4. 仲介手数料
  5. 家具
  6. 家電
  7. 引っ越し費用

一般の賃貸住宅は初月に一番費用がかかりますよね。

1ヶ月分の家賃はもちろん、物件にもよりますが、敷金・礼金、仲介会社にもよりますが、仲介手数料なんかもかかって来て、持っていなければ家具や家電も買い揃えないといけなくて、なんだかんだで家賃3~4ヶ月分の初期費用がかかります。

毎月かかる費用

  1. 家賃
  2. 共益費
  3. 電気代
  4. 水道代
  5. ガス代
  6. インターネット

毎月の固定費も忘れてはいけません。

家賃・共益費に加え、光熱費やインターネット、Wi-Fiの契約も必要ですよね?

こうやって上げると何かとかさんできます。

では、シェアハウスに住むと初期費用や毎月の固定費はどのくらいかかるのでしょうか?

シェアハウスの場合

初期費用

  1. なし

毎月かかる費用

  1. 家賃
  2. 共益費

以上です。

オークハウスのシェアハウスに住む時にかかる費用は基本的に家賃と共益費のみです。

オークハウスから紹介しているシェアハウスでは更にこんな特典も付きます。

オークハウスのシェアハウスの特典

  1. 敷金・礼金・仲介手数料無料
  2. 連帯保証人が不要
  3. 家具・家電付き
  4. 契約料は初回のみ
  5. インターネット無料
  6. シェアハウス間の移動OK
  7. 最短1ヶ月から契約OK

オークハウスのシェアハウスには物件によって上記のような特典がつくものがあるので、引っ越し屋に頼んで荷造りして、という手間や引っ越し代はかからず、カバンひとつで引っ越し出来てしまう、という事ですね。

人との関わりが少なくなってきた現在で、なおかつ東京都内や大阪などの都会でシェアハウスが人気になってきている理由というのが少し見えてきたかも知れませんね。

次に肝心なのはオークハウスが提供するシェアハウスはどの立地にあるのか?という問題です。

せっかく良いサービスがあっても受けられる機会がなければ意味がありません。

コスパと出会いが魅力のシェアハウス日本最大手オークハウスが入居者募集中



東京オークハウスが提供するシェアハウスの立地

東京オークハウスが提供するシェアハウスは東京都内はもちろん、関東エリア~関西エリアまで広い範囲にあります
一番物件が充実しているのは東京都内で、広い範囲でさまざまなシェアハウスが探せます。
ここでは、東京オークハウスが提供する物件をエリア別に紹介します。

東京都のシェアハウス

  • 吉祥寺・立川・小金井・町田エリア
  • 池袋・赤羽・練馬・後楽園エリア
  • 新宿・中野・高円寺・高田馬場エリア
  • 渋谷・目黒・世田谷エリア
  • 蒲田・品川・秋葉原・青山エリア
  • 浅草・上野・豊洲エリア

 

シェアハウスの平均家賃は50,000円台~70,000円台まであり、利用者の年代は20代が多く、やはり若い世代に人気のようです。

神奈川県のシェアハウス

  1. 横浜市
  2. 川崎市
  3. 相模原市

 

神奈川県エリアの平均家賃は50,000円台と東京都エリアとあまり変わらないようです。

 

利用者は20代が半分以上を占めていて、若者に人気のようです。

埼玉県のシェアハウス

  1. さいたま市
  2. 川口市
  3. 戸田市
  4. 新座市
  5. 所沢市
  6. 越谷市
  7. 川越市
  8. ふじみ野市
  9. 蕨市

 

平均家賃はやはり東京都内より安い平均50,000円台で、ベッドタウンとしても使いやすそうです。

千葉県のシェアハウス

  1. 市川市
  2. 船橋市
  3. 流山市
  4. 松戸市
  5. 八千代市

 

千葉県に至っては平均家賃は40,000円台

 

利用者が20代と30代がほぼ同じ比率なのも特徴的です。

京都府のシェアハウス

  1. 京都市

 

ここからは関東を離れて関西地方へ。

 

紹介できる少ないですが、平均家賃は50,000円台で利用者の年代は圧倒的に20代が多い、という結果になっています。

兵庫県のシェアハウス

  1. 宝塚市
  2. 尼崎市

 

同じく関西地方の兵庫県のエリアでは平均家賃は40,000円台と千葉県に次ぐ安さ。

 

利用者は京都府と同じく、20代が圧倒的に多くいます。

大阪府のシェアハウス

  1. 大阪市

 

大阪府エリアではシェアハウスの物件はなく、アパートメントタイプの物件しかなく、平均家賃はやはりシェアハウスより上がってしまって、50,000円台

 

【オークハウス】



スポンサードサーチ

クラウドソーシング「ランサーズ」

まとめ

いかがだったでしょうか?
 
東京オークハウスが提供するシェアハウスを紹介してきましたが、シェアハウスについて理解が増して、次の引越し先や始めての引越し先を探すキッカケとなれば嬉しいと思います。
 
 
人間は「衣・食・住」が揃って本当の力を発揮できると思います。
 
 
その中でも「住」にあたる住居、家は非常にライフスタイルの重要な部分を占めますよね?
 
 
帰る家があって、その家がくつろげる場所、帰って来て楽しい場所なら仕事や勉強にもやる気が出るというものです。
 
 
今回の記事から気になっているシェアハウスを東京オークハウスで探してみて、
 
「ちょっと違うな・・・」
 
という事なら一般のアパートやマンションを探していいと思います。
 
 
まずは、情報のすべてを知った上で、自分で判断してみて下さい。