建設業の作業服専門店からユニクロ超えのコスパ最強店へ【ワークマン】

建設業の作業服専門店からユニクロ超えのコスパ最強店へ【ワークマン】
建設業の作業服専門店からユニクロ超えのコスパ最強店へ【ワークマン】
「ワークマン」と聞いてどんな印象を持つでしょうか?
今回は時代の流れとともに急成長を遂げたワークマンについて書きました。
年代によってだと思いますが、ワークマンに対してのイメージが変わる人もいるかも知れませんね。

スポンサードサーチ

クラウドソーシング「ランサーズ」

ワークマン

「ワークマン」と聞いてどんな印象を持つでしょうか?
年代によって持つ印象はさまざまかも知れません。
それというのもワークマンは1979年に誕生して以来、建設業界に親しまれながら建設業・作業着のワークマンとしてその名前が知れていました。
僕も建設業・作業着のワークマンというイメージで認識していました。
しかし、最近では全国的に店舗を展開して、その店舗数は2019年の時点で843店舗まで出店を伸ばしている。
どれだけスゴイかと言うとどこの街でもよく見かけるユニクロより多い国内店舗数です。
結構衝撃的ですよね?
個人差はあると思いますが、僕はかなり衝撃を受けました。

ワークマン出店の経緯

1979年 群馬県「職人の店 ワークマン」1号店オープン

8年後

1987年 100店舗達成

4年後

1991年 200店舗達成

4年後

1995年 300店舗達成

4年後

1999年 400店舗達成

2年後

2001年 500店舗達成

6年後

2007年 600店舗達成

4年後

2011年 700店舗達成

5年後

2016年 800店舗達成

3年後

2019年 843店舗達成

 

 

職人の店ワークマンとしてスタートして以来、最初の100店舗までは8年かけて、それからは4年前後で徐々に店舗数を増やしてきている。

 

近年急成長を遂げたように見えて、実はこうして見ると、ムリな出店はせずに堅実に店舗数を増やしてきた印象を持ちますね。

 

スポンサードサーチ

クラウドソーシング「ランサーズ」

建設業界に根強い作業着のワークマン

堅実に店舗数を伸ばしてきたワークマンは、以前より作業着のワークマンとして、建設業界から根強い人気がありました
おそらくワークマンを知っている人のイメージのほとんどが「建設業界のワークマン」という感じだと思います。
 
 
特に僕は建設業専門の求人情報誌パワーワークの販売営業代理店もやっているので、とても馴染みが深いです。
 
 
それというのもパワーワークが毎号設置されているひとつがワークマンだからです。
 
 
建設業の仕事をしている人が作業着を買いにワークマンへ来ると建設業専門の求人情報誌パワーワークが置いてある、って感じです。
 
 
設置場所としては絶好の場所で、実際に建設業の企業さんでパワーワークを知っている方は「ワークマンで見た」というケースが多いです。
 
 
少し話がそれましたが、ワークマンは昔から建設業専門のお店、というイメージがありました。
 
 
以前であれば間違いではなかったと思います。
 
 
しかし、今ではユニクロの国内店舗数を超えている理由に脱建設業専門店という流れがあります。



ワークマンの新業態

ワークマンの現在のビジネスモデルは
 
  • 建設業・作業着の専門店「WORKMAN(ワークマン)」
  • アウトドア、スポーツ、レインウエアの専門店「WORKMAN Plus+(ワークマンプラス)」

という二本柱で展開されています。

 

2017年からスタートした新業態のワークマンプラスは2019年の段階で157店舗まで展開している。

 

従来の独立店舗型のものもあれば、ショッピングモールに入っている店舗もある。

 

ショッピングモールにワークマン

 

以前はあまり考えられなかった組み合わせだが、それを実現させているのが、脱建設業・作業着専門のワークマンプラスです。

 

スポンサードサーチ

クラウドソーシング「ランサーズ」

ワークマンが売れているワケ

ワークマンプラスがユニクロを超え、ショッピングモールへの進出を果たし、売れ続けている理由はその品質にあります。

 

ワークマンは「建設業などの過酷な使用環境に耐える品質と高機能をもつ製品を値札を見ずに買える安心の低価格」というコンセプトで商品開発を今まで続けてきているので、その強みを活かして一般消費者向けに「低価格なのにプロが認める機能性」の商品がウケた、というワケです。

 

一朝一夕ではできない領域にいますよね。

 

満を持して知名度も商品も知れ分かりヒットした、そんな印象を持ちます。

 

2019年ヒット商品ベスト30

2019年ヒット商品ベスト30
2019年ヒット商品ベスト30
実際に日経トレンディが発表する2019年ヒット商品ベスト30でワークマンは堂々の1位を獲得しています

2019年に若者を中心に話題となった「タピオカ」やキャッシュレス旋風が巻き起こるスマホ決済の立役者とも言える「PayPay」、最高視聴率が脅威の41%超えとなった「ラグビーW杯2019日本大会」などを抑えての1位です。

 

2019年ヒット商品ベスト10

  1. ワークマン
  2. タピオカ
  3. PayPay
  4. ラグビーW杯2019日本大会
  5. 令和&さよなら平成
  6. ボヘミアン・ラプソディ
  7. Netflix
  8. 米津玄師
  9. ルックスプラス バスタブクレンジング
  10. ハンディーファン

 

ベスト30まで発表すると結構聞いた事ないものまで出てくるので10位で止めておきます。

 

10位まで見て分かるのは2019年あれだけ話題になったものを抑えて1位を獲得したワークマンの大躍進ぶりとこれからへの期待が込められていると思います。

 

建設業・作業着店からアウトドアウェア専門店へ

 

この見事な転換は大成功したと言えるでしょう。

 

「2019年ヒット商品ベスト30」ランキング選考基準

  • 売れ行き
    1. 売り上げやシェアをどれだけ拡大したか
    2. どれだけ人を集めたか
    3. 売れ行きはどれくらい継続する余地があるか
  • 新規性
    1. これまでに無い画期的な技術、着眼点、売り方の工夫があったか
  • 影響力
    1. 他社の追随を呼んだか
    2. 従来に無い市場を形成したか
    3. 生活スタイルや社会の常識を変えて、世の中に影響を与えたか

 

この大胆な転換が2019年ヒット商品ベスト30のランキング選考基準をフルに満たした結果となりましたね。

スポンサードサーチ

クラウドソーシング「ランサーズ」

ワークマンのおすすめ商品

ここからはそんなに話題になって売れているワークマンの買い商品を紹介します
ワークマンの公式サイト上にあるオンラインストア人気ランキングの商品の転用ではありません。
 
 
実際に機能性やデザインなど評価の高い商品をいくつか紹介したいと思います。
 
 
比較対象となるのは、なんとユニクロです。
 
 
ワークマンは徹底的にライバルブランドに対抗して、同品質かそれ以上の品質レベルで更に低価格でその良品を提供しています。
 
 
THE NORTH FACE(ノースフェイス)もライバルブランドのひとつです。
 
 
ブランド品として購入すると2万、3万はする商品がワークマンでは2000円~3000円です。
 
 
1桁違います。
 
 
同品質で2万円と2000円、どちらの商品を買いたいですか?
 
 
答えはひとつですよね。
 
 
ブランド好きで、っという事で「THE NORTH FACE」のロゴが胸元に付いてないとヤダ!という人はいると思いますが、「買いたいか?」で言えば満場一致で安い方を買いたいと思いますよね?
 
 
ワークマンのブランドからはそんな高品質、低価格の商品が多数あります。
 
 
その中でもおすすめ商品を紹介していきます。

360°リフレクト 透湿防水防寒ジャケット

まずは45万着以上売り上げたワークマン「イージス」の透湿防水防寒ジャケット。

 

アウトドアの防寒用にはもちろん、普段使いで自転車やバイクに乗る時にも使えます。

 

軽いのに高い保温力と風を通さない高い耐風性でバイクを運転していても安心。

 

防水加工もバッチリなのでそのままレインコートとしても使えます。

 

そして高性能なのにデザインもオシャレで3色から選べます。

ワークマン イージス 360°リフレクト 透湿防水防寒ジャケット

ファイバーダウン防寒ベスト

ワークマン「フィールドコア」のファイバーダウン防寒ベスト。

 

ロッキーマウンテンフェザーベッドのダウンジャケットを意識したデザインでカラーも4色用意している。

 

中綿でも防寒性は高く、低価格で普段着として使うなら1着あって困らない良品。

ファイバーダウン防寒ベスト

AERO STRETCH ULTIMATE フーデッドパーカー

ワークマン「フィールドコア」のAERO STRETCH ULTIMATE フーデッドパーカー。

 

伸縮性や動きやすさの性能が高く、暖かくて動きやすいリーズナブルな良品。

 

こちらは防水ではなく、撥水加工でフード付きなので、レインコートとしても使えます。

AERO STRETCH ULTIMATE フーデッドパーカー

裏アルミ FIELD MA-1タイプジャンパー

ワークマン「フィールドコア」の裏アルミ FIELD MA-1タイプジャンパー。

 

MA-1の超王道「アルファ・インダストリーズ」社製ジャンパーを意識したデザインで人気の1着。

 

中綿と裏アルミ、手首のリブなど防寒機能も高く、仕事着としても普段着としても使いやすい。

 

また、表生地はシワになりにくい作りなのでデニムと合わせてキレイに着る事もできます。

 

カラーは選べる5色で色違いで数着持っていてもいいかも知れませんね。

裏アルミ FIELD MA-1タイプジャンパー

以上、ワークマンの4アイテムを紹介しましたが、ワークマンは品数も種類も多く、まだまだある良品は全国843カ所にある店舗や公式サイトから見つけてみて下さい。

 

商品点数約10000点、作業用品の総合ショップ

店舗受取なら送料・手数料無料!

ワークマン

まとめ

建設業・作業着のワークマンからコスパ最強のアウトドアウェアのワークマンへ
建設業界で名前が知れていたワークマンも今ではポストユニクロという位置にあると思います。
 
 
全国に展開する843店舗の数も今後増えていくでしょう。
 
 
また、海外進出をしても高品質の日本製品は海外でも売れると思います。
 
 
まだワークマンへ行った事がない人も一度立ち寄ってみると面白いかも知れませんね。