【おすすめ】失敗しないドローンスクール選び~ドローン規制・免許・仕事に役立つ資格~

【おすすめ】失敗しないドローンスクール選び~ドローン規制・免許・仕事に役立つ資格~
【おすすめ】失敗しないドローンスクール選び~ドローン規制・免許・仕事に役立つ資格~

ドローン操縦の技術が仕事になる時代がやってきました。

最近では規制や免許、資格などもあり、ドローン操縦がメジャー化しつつあります。

とはいえ、まだまだ分からない事だらけのドローンや操縦技術を勉強するドローンスクールのご紹介をします。

スポンサードサーチ

クラウドソーシング「ランサーズ」

ドローン

ドローンとは遠隔操作できる無人航空機
ドローンというと話題になりはじめた頃にドローン墜落事故なども話題となり、あまりいい印象を持っていない人もいるかも知れません。
ただ、ドローンのポテンシャルやラジコンヘリの様な面白さ、映像撮影など仕事にも活かしたいという事で、近年ではドローン規制やドローン操縦資格や免許などルールを設ける事で安心安全にドローンライフを送れるようになっています。
ドローンを飛ばすには規制を守り、必要に応じて資格・免許を取得しなければなりません。
まず、ドローンを安全に飛ばすためにどんな規制が設けられているのか知っておきましょう。

ドローン飛行禁止区域

ドローンを飛ばすために「航空法」を知っていなくてはいけません
いきなりハードルの高そうな名前が出てきました。
航空法
法律です。
自分で無人航空機、いわゆるドローンを飛ばす時に適用されるのが航空法です。
ドローンを操縦する上で一番注意しなくてはいけないのが「飛行禁止区域」です。
万が一ドローンが墜落した場合などに人や物に当たってしまったり、飛ばしただけでも処罰されるのが「飛行禁止区域」です。
国土交通省が公開している飛行禁止区域のルールは以下の通りです。
ドローン飛行禁止区域
国土交通省HPより

スポンサードサーチ

クラウドソーシング「ランサーズ」

意外と知らない航空法に引っかからないドローン

飛行禁止区域ではドローンは飛ばせませんが、実は航空法に引っかからないドローンがあります
それは総重量200グラム未満のドローンです。
航空法は無人航空機が対象となる法律です。
総重量200グラム未満の飛行物は無人航空機に当たらないので航空法も適用されないという事です。
200グラムに満たないドローンで優秀な性能のドローンはたくさんあります。

VISUO正規品 ドローン カメラ付き 初心者に優しい 飛行時間18分 高度&水平維持機能 夜間飛行 ライト付き 2カメラ搭載 入門 小型 200g以下 航空法規制外 1080 HD スマホ 折りたたみ 日本語説明書付き クリスマス 誕生日 子供 おもちゃ プレゼント 送料無料

価格:8,980円
(2020/1/22 15:23時点)
感想(10件)

Ryze Tech Tello 空撮トレーニングセット カメラ付 プレゼント ドローン テロー Powered by DJI 国内正規品 送料無料

価格:23,830円
(2020/1/22 15:24時点)
感想(109件)

Potensic A20W ミニドローン ホバリングしやすい WIFI 6軸ジャイロ スマホで操作 気圧センサー ヘッドレスモード 高度維持 人気 室内で遊べる

価格:4,880円
(2020/1/22 15:25時点)
感想(76件)

価格帯はバラバラですが、どれも総重量200グラム以下で航空法対象外のドローンです

実は200グラム以下のドローンは多く出回っていて、ほとんどの人の航空法の規制を気にする事なくドローンで遊んでいます。

販売する側としても航空法で規制されてしまうドローンより規制されないドローンの方が売れる、という認識があるのでしょう。

その通りだと思います。

200グラム以下のドローンであれば折り畳み式の機体もあり、ポケットに入るくらいのサイズになります。

携帯と折り畳みドローンがあればいつでもどこでも(周りの迷惑にならない程度ですが)ドローン操縦を楽しめるという事ですね。

ただ、注意しなくてはいけないのは総重量200グラム以下のドローンであっても空港周辺や一定の高度以上の飛行について国土交通大臣の許可等を必要です。

ドローン(無人航空機)の飛行方法

ここで無人航空機の飛行方法10か条を紹介します
紹介する飛行方法は、飛行禁止区域での飛行許可を受けた場合や飛行禁止区域以外の区域で飛行させる場合でも守らなければなりません。
自分にも周りにも安全にドローンを飛ばすための約束です。
航空法が適用されないから守らない、という事でもなくて、安全のためには以下を気を付けて遊びましょう。
ドローン(無人航空機)の飛行方法
国土交通省HPより

ひとつずつ紹介していきます。

①飲酒時の飛行禁止

①飲酒時の飛行禁止

お酒を飲んだらドローンを飛ばしたらダメです。

車や自転車の飲酒運転も禁止なので、ドローンも禁止ですね。

大型のドローンはもちろん小型のドローンであっても人や物に当たったら大事故につながる可能性があります。

特に小型ドローンは一見おもちゃの様に見えるので、なおさら注意が必要です。

②飛行前確認

②飛行前確認

ドローン操縦前には機体の状態や天候を確認して下さい。

車もそうですよね?

乗車前には車の周りを確認したり、車体に異常がないか確認すると思います。

ドローンが車と違うところは天候に左右されるという点です

急な悪天候などに注意して出発して下さい。

③衝突予防

③衝突予防

無事にドローンを飛ばすことができたあとは操縦中にも注意です。

航空機や他のドローン(無人航空機)との接触事故や衝突には十分に注意して操縦して下さい。

大事故につながるケースや自分自身、または周りの人に大ケガをさせてしまう危険性もあります。

④危険な飛行禁止

④危険な飛行禁止

ドローンの操縦時には他の人の迷惑にならないような操縦を心がけましょう。

大事故や大ケガにつながる恐れがあります。

遊びや軽い気持ちでやったりすると大抵大ごとになって、取り返しがつかない事になるので、軽はずみな行動には気を付けましょう。

スポンサードサーチ

クラウドソーシング「ランサーズ」

⑤日中での飛行

⑤日中での飛行

ドローンを操縦する際には明るい日中にしましょう。

視界の良い明るい場所であれば墜落や衝突の危険性も低くなります。

上級者であっても視界が見えなければ操縦は難しいと思います。

⑥目視の範囲内

⑥目視の範囲内

明るい場所での飛行であっても自分の目が届かない場所まで飛ばしてしまっては明るい場所で操縦する意味がありません。

ドローンを操縦する時には目視できる範囲内を飛ばしましょう。

目視できれば自分自身が安心でき、事故につながる可能性も低くなると思います。

スポンサードサーチ

クラウドソーシング「ランサーズ」

⑦距離の確保

⑦距離の確保

ドローンを操縦する時には周りに十分に注意して飛ばしましょう。

具体的にはドローンと物や人との距離は30m以上離れるように操縦して下さい。

一定以上の距離を離すことで安全にドローンを飛ばせます。

⑧催し場所での飛行禁止

⑧催し場所での飛行禁止

イベント会場やお祭りなどの催し場所上空でのドローン飛行は禁止です。

イベント会場などでは人が多く集まるからです。

人が集まる上空でドローンを飛ばせば、万が一墜落などした時に被害が大きくなる危険性があります。

最近ではYouTubeやInstagram、Tiktokといったサービスで素人でも簡単に動画を投稿できます。

バズりそうな動画を、という事で安易にドローン撮影しようとすると危険です。

⑨危険物輸送の禁止

⑨危険物輸送の禁止

ドローンによる危険物の輸送は禁止です。

そもそも危険物を運ぶこと自体危ないですが、ドローン操縦を間違えると輸送している危険物もろとも墜落の可能性もあります。

危険物の輸送はやめましょう。

⑩物件投下の禁止

⑩物件投下の禁止

最後はドローンから物を投下することの禁止です。

ドローンでの危険物輸送の禁止に加え、危険物でなくてもドローンから物を投下するのは非常に危険です。

大事故になる前に禁止事項を守り安全第一でドローンを操縦して下さい。

ドローンの資格免許

最後にドローンを操縦するために必要な資格免許について
ドローンは今まで挙げてきたように飛行禁止区域や規制がさまざまあり、操縦するには細心の注意と責任が伴います。
そこでドローンを操縦するためにどんな資格免許を持っていないといけないのでしょうか?
結論から言うとドローン操縦に必須な資格免許はありません。
そうです、実は資格免許を持っていなくてもドローンは操縦できるんです
ドローンの資格免許は民間資格があり、その操縦スキルを証明する物です。
資格免許を取得するためにはドローンスクールへ通って操縦スキルを学んでから取得するのがオススメです。

おすすめドローンスクール

ドローンスクールジャパン埼玉浦和校

いつも大変お世話になっております。 ドローンスクールジャパン埼玉浦和校です 早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。 皆様には1年間大変お世話になり、心より感謝しております。 なお、弊社の年内の営業は12月29日までとなり、新年は1月4日から営業開始となります。 来年も本年同様のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

おすすめドローンスクール

ここまでドローンの飛行禁止区域や規制やらを紹介してきましたが、ドローンの総重量が200グラム未満であれば大きな問題はありませんでした。

そこで今後ドローン操縦を本格的に始めたい人にはドローンスクールをおすすめしています。

ドローンスクールは実際にプロも使用する本格的なドローンを操縦するため広大な土地が必要です。

なので必然的に都会から離れた場所にスクールがあり、簡単に通えない、という現状だと思います。

そこでおすすめしているのがドローンスクールジャパンです。

ドローンスクールジャパンの国内校舎をご紹介します。

ドローンスクールジャパン栃木宇都宮校

ドローンスクールジャパン茨城・土浦校

ドローンスクールジャパン埼玉浦和校

ドローンスクールジャパン限定オリジナル特典

入学するとそれぞれオリジナル特典がありますが、共通の嬉しい特典があります
  1. 宿泊制度(宿泊料無料
  2. 高速代金全額負担(高速代無料
  3. 最寄り駅からのタクシー代・交通費無料

かなり嬉しい特典ですね。

 

これなら決まったコース料金以上に細々とした出費が増える事はありませんね。

 

細かい特典内容は上のそれぞれの校舎のバナーからご確認ください。

ドローンスクールジャパンをおすすめする理由

ドローンスクールジャパンのカリキュラム数は国内最大級
ドローンスクールに通う理由はドローンの操縦技術向上や資格免許の取得だと思います。
ドローンスクールジャパンでは初心者からプロを目指す方までそれぞれに合ったコースが選べるので最安・最短で受講が可能です。
更にはドローンスクールジャパンは完全アフターフォロー型教習校なので、卒業した後でも無料で練習場を借りられたり、インストラクターに相談する事もできます。
こんな完全バックアップ体制があると初心者の人でも安心して通えると思います。