【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話

【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話
【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話

日本のインフラを支える建設業界はなくなる事のない仕事ですが、昨今は人材不足・職人さん不足に悩まされ、現場の受注にも影響しています。

多くの企業は求人誌や求人サイトを使って人材募集や協力会社募集をしますが、以前のように簡単に職人さんが集まらないのが現状です。

集まらないから募集をしない」ワケにはいきません。

では、職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時にどうすればいいでしょう?

スポンサードサーチ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

次世代の建設業界

昔ながらの建設業界のイメージだとITリテラシーはおそらく高くないイメージですよね。

しかし、10年前になかったAIが普及し、20年前になかったスマートフォンが大普及し、30年前になかったインターネットが当たり前の時代。建設業界もIT化が進み、ウェアラブルカメラを通しての現場指示や中堅から上の職人さんも社用スマホで情報共有するなどITリテラリーはどんどん高まっています

ウェアラブルカメラ 小型 高画質

価格:3,360円
(2019/11/22 10:25時点)
感想(2件)

ここで注意してほしいのは、どの企業も企業努力をしてITリテラシーを高めているという事です。簡単ではありません。無料でもありません。うまくもいかないかも知れません。それでも利益率アップや労働環境改善のために必要な努力だと思います。

そうは言っても自社のみで急にIT化を進めるのは難しいと思います。

そこで、最初のIT化としてSNSが始めやすいです。

ネットで広がる建設業界

SNSと聞くとなにを思い浮かべますか?

そうですね。LINEやフェイスブック、You TubeなんかもSNSに入ります。SNSは今広い世代で利用されていますが、名前は聞いた事はあっても利用した事がない、という人もいるかも知れませんね。

しかし、今の時代分からないから使わない、という事では通らないくらいSNSがビジネスでも使われているんです。SNSでお金が稼げる時代です。

当然、SNSは事業の集客にも使われていて、自社事業の属性とSNS利用者の属性をマッチさせる事で求人や仕事の受注への大きな要となるサービスがSNSです。ほとんどのSNSは無料で使えるのも始めやすいところです。

スポンサードサーチ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

仕事の受注・協力会社・職人を見つけるには

SNSを使った情報発信で企業PRをしつつ、建設業専門のコミュニティにも参加してみましょう
交流会やセミナーに通い続けるのは時間もお金もかかりますよね。
そこで建設業界を専門としたコミュニティのサイトを使うと交流会やセミナーでかかっていた移動時間もかからず、会費もかからない無料登録がOKなコミュニティサイトがほとんどです。

ツクリンク

ツクリンクは日本最大級の建設業界ネットワークで全国36,000社以上の建設業の企業が登録・利用するマッチングサービスサイト
会員登録は無料で出来ます。
また利用者の全員が会員なので信頼のおける元請け会社・協力会社・職人さんばかりで安心して工事受注も出来るサイトです。
元請け・協力会社の募集状況を地域別・業種別に検索できるので、新規参入を考えているエリアの業者と出会えるチャンスも増えます。
ツクリンク

実際に名刺交換などができる交流会も毎月全国各地で開催されています。参加費用は無料会員とプレミアム会員で違い、それぞれ6,000円と4,000円となります。

また、ツクリンクでは会社の基本情報や施工実績などを登録して、自社ページが簡単に作成できます。無料で自社のHPとしても使えるのでかなりコスパがいいサイトです。

ツクリンク

パソコンサイトに加え、ツクリンク専用アプリも使えるのでスマホからでも簡単に自社ページの管理・運営ができるところも嬉しいですね。iPhoneかAndroidか自分のOSに合わせてダウンロードしてみて下さい。

スポンサードサーチ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

SUSTINA(サスティナ)

CraftBank(クラフトバンク)協力業者検索、工事の受発注マッチングサイト/職人・一人親方の求人、仕事探し

この度は弊社お仕事依頼をご覧頂きありがとうございます。一言でご説明させて頂きますと将来性が高い職種及び取引先となります。 募集希望としましては個人事業主が適任と思っております。出来高制ですが年間を通して安定した収入を見込めます。 また、経験者の方もお待ちしておりますが、 遠隔地の方、年齢問わず大歓迎です、都内にて社宅の準備も御座いますので、是非お気軽にお問い合わせください。

SUSTINA(サスティナ)
SUSTINAは建設業界のお仕事マッチングプラットフォーム
2016年9月からサービスが始まって以来、現在では登録業者は10,000社以上。ユーザー数は11万人以上となり、多くの建設業者や職人さんが見つかるサイトになってきています。
SNSが使い情報を拡散することで若い建設業者さんや職人さんへのアプローチにも成功している様で、Twitter、Facebook、Instagramと言ったSNSからの流入・登録者が全体の登録数の45%を占めています。
Social Network
Social Network

SUSTINAは登録も利用も基本的に無料なので、登録しておけば建設業界のコミュニティに簡単に参加できると思います。リアルな交流イベントも全国9カ所で開催されているので、名刺交換や情報交換のチャンスもあります。

自社情報を登録しておけば、HPの様に自社アピールにもなります。また、求人サイトなどでもそうですが、ネット上で自社の情報を多く載せれば載せるほど自社情報が拡散され、建設業者や建設業界関係者の目に触れる機会は増えます。

電柱に張り紙をしてもその地域にしか広告できませんが、インターネット上なら全国全世界に広告を出す事ができるという事です。

無料で自社広告を出すには

無料で自社を広告する方法はいくつかあります。

インターネットでは無料のサービスを提供しているサイトが多いです。なぜかと言うと基本的にコストがかからない、また広告費で稼いでいるからです。ランニングコストとしては、人件費とサーバー代でしょうか。

まずはすでに紹介をしたツクリンクやSUSTINAに無料登録しましょう。

建設業界のプラットフォームなので、建設業界に自社を広告・アピールできます。工事受注や発注はもちろん職人さんなどの求人募集に使う事もできます。

控えめに言って登録しない理由がないです。

次に無料の求人サイトです。

今の時代、昔からなじみのある求人誌を出している企業は減り、求人サイトが乱立する時代となりました。

そんな中でも無料で求人掲載ができるサイトがあります。求人の反響について即効性はないですが、無料なので登録して気長に待ちましょう。

ハローワークももちろん無料で出せるので、3か月毎の更新や労働基準法に乗っ取った待遇内容などキッチリとする必要があるので、少し煩わしく感じるかも知れませんが、出来たら掲載しておくといいです。

無料の求人サイトは下記のページにまとめています。

➤【2019年版】無料で求人掲載できる!“無料求人掲載サイト10選”まとめ

➤【企業向け】無料の求人検索エンジンindeedと転職求人サイト大手リクルート・doda比較

➤CMでおなじみ「indeed」求人とは

スポンサードサーチ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

職人さん不足の解消方法

職人さん不足はなかなか解消されない問題として長いあいだ建設業界を悩ませています。

解消方法としては有料の求人広告を出すことです。

当たり前のようですが、工事受注のため、事業拡大のための必要経費だと分かっていても求人に経費を掛けたがらない企業さんは多いです。もし、必要経費だと分かっていない方がいたら、今からでもいいので分かっておきましょう

無料の求人サイトやハローワークを掲載しても反響がなく、なおかつ繁忙期や急を要する求人募集が必要な時には有料求人を出します。

業界唯一の建設業専門求人情報誌POWER WORK(パワーワーク)

【POWER WORK】建設業界の求人を探すならパワーワークへ!

パワーワークが提供する求人は、鳶(とび)、鉄筋工、防水工、塗装工、内装工、大工、土木などの建築の仕事や、ドライバー、メカニックなど、アルバイト・バイト・社員・委託・パート・派遣の求人を探せる求人サイトです。稼げるお仕事探しは高収入の求人情報が豊富な【パワーワーク】。

パワーワーク
有料の求人広告を出す際に建設業専門の求人誌があるのをご存じですか?
パワーワークは建設業唯一の専門求人誌として、2011年から創刊され今では建設業の業界紙としても読まれています。つまり、求職者の方はもちろん、職人さんや建設業者の方にも読まれているので、ツクリンクやSUSTINA同様に両者にアピールできる媒体なんです。
またパワーワークはベテランの職人さんにもなじみのある無料の求人誌で配られているほか、建設業専門求人サイトもあるので、若い職人さんにもアプローチできます。
建設業専門の求人サイトもいくつかありますが、無料の求人誌と求人サイトの両方があるのはパワーワークのみです。

有料求人のホントに出した方がいいのか?

すでに紹介していますが、今は無料で求人掲載できる求人サイトがあります。

そんな中で、有料の求人媒体を使うメリットとはなんでしょうか?

まず、有料なので事業資金があり、充実したサービスを提供できます。そのため求人媒体の広告も打てれば、より掲載した求人広告が求職者の目に止まり求人の即効性が出ます。

また、有料の求人媒体に求人広告を掲載することで企業イメージも上がります

有料でも職人を募集するほど仕事量も経営も安定している、という見られ方をします。求職者のほかに建設業者へのアピールに繋がり、仕事に繋がるケースもあります。

建設業界は横の繋がりが強い業界です。直接企業関係者に聞けないまでも自社以外の企業の動きや内情は気になっているので、こういった露出によってアピールが出来るのです

チェックした方がいいページ

建設業の専門求人サイトはいくつかありますが、全てに求人掲載していたのでは求人経費も足りません。

次のページからそれぞれの特徴を知って、自社に合った求人掲載を考えてみましょう。

➤【求人掲載したい】建設業専門求人掲載サイトまとめ

まとめ

職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時はまず建設業界の無料マッチングサービスを使いコミュニティに参加しましょう。今は情報社会です。情報弱者は残念ながら消えていきます

まだ自社にネット環境や通信設備が整っていない方は今すぐ完備させて下さい

すでにネットリテラシーを持っている方は外部に自社を発信して行きましょう

急な人材募集の時には有料求人を検討して役立てるのもいいと思います。

情報をインプットしたら、どのようにアウトプットするかはあなた次第です。

コメント

  1. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  2. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  3. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  4. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  5. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  6. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  7. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  8. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  9. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  10. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  11. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  12. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  13. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  14. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  15. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  16. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  17. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  18. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  19. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  20. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  21. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]

  22. […] ➤【建設業】職人さん・協力会社の募集がうまく行かない時に役立つ話 […]