【Web資格まとめ】中途転職に向けたWeb資格テスト対策について

ITエンジニアやITクリエイターの求人の需要が年々増えています
未経験や初心者の方は中途転職のためにWeb資格の取得なども考える事でしょう。
このブログではWeb資格の種類やWeb資格テストの対策などの紹介をしていきます。

スポンサードサーチ

基本情報技術者(FE)

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

情報処理推進機構(IPA)の「情報処理技術者試験」「情報処理安全確保支援士試験」ページです。

ITエンジニアへ中途転職する方におすすめする国家資格が基本情報技術者です
基本情報技術者試験を取得することで基礎をしっかりと身に着けましょう。
さて、基本情報技術者試験はどんな方が対象となるのでしょうか

基本情報技術者試験の対象者

高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者
つまりITの知識や技術を仕事などで使える人が対象になるようです。
ということは、そのレベルまで自分を持っていければ良いという事ですね。

ITエンジニアの業務と役割

業務

  1. 基本戦略立案またはITソリューション・製品・サービスを実現する業務

役割

  1. 企業経営や社会システムが直面する課題に対して、情報技術を活用した戦略立案に参加する
  2. システムの設計・開発、または汎用製品の最適組み合せ(インテグレーション)によって、信頼性・生産性の高いシステムを構築する。また、その安定的な運用サービスの実現に貢献する。

基本情報技術者に期待される技術

情報技術を活用した戦略立案に関し、担当業務に応じて次の知識・技能が要求される
  1. 対象とする業種・業務に関する基本的な事項を理解し、担当業務に活用できる。
  2. 上位者の指導のもと情報戦略に関する予測・分析・評価ができる。
  3. 上位者の指導のもと提案活動に参加できる。
システムの設計・開発・運用に関し、担当業務に応じて次の知識・技能が要求される
  1. 情報技術全般に関する基本的な事項を理解し、担当業務に活用できる。
  2. 上位者の指導のもとシステムの設計・開発・運用ができる。
  3. 上位者の指導のもとソフトウェアを設計できる。
  4. 上位者の方針を理解し、自らソフトウェアを開発できる。

基本情報技術者試験の試験内容

午前午後
試験期間9:30~12:00(150分)13:00~15:30(150分)
出題形式多肢選択式(四肢択一)多肢選択式
出題数80問13問
解答数80問7問

基本情報技術者試験のテスト対策

基本情報技術者試験のテスト対策としておすすめの教材を紹介します。


ITパスポート(iパス)

ITを利活用する社会人やそれを目指す学生が備えておくべき、ITに関する基礎的知識が証明できる国家試験がITパスポート(iパス)です
新しい技術や新しい手法に関する知識をはじめ、経営全般の知識、ITの知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う資格テストです。

ITパスポート(iパス)に込められた思い

社会人として、IT化が進んだ現代社会に必要な基礎的能力を国が証明する試験(パスポート)として「ITパスポート(iパス)」が誕生しました

今の社会人やこれから社会人となる学生にぜひ挑戦してもらいたい試験です。

CBT方式によるITパスポート(iパス)試験

CBT(Computer Based Testing)方式とはコンピュータを利用して実施する試験方式

ITパスポート(iパス)は国家試験として初めてCBT方式を導入しました。

ITパスポート(iパス)のメリット【基礎知識の取得】

  1. 情報セキュリティや情報モラルの知識が身に付く
    • インターネットやメール、社内システムを利用する際に機密情報の漏えいやウィルス感染などのリスクを理解できる様になる
  2. 企業コンプライアンス・法令遵守の正しい知識が身に付く
    • 知的財産権(著作権侵害・商標権侵害など)に関する法令違反や個人情報漏えいなどのリスクが理解でき、企業コンプライアンス向上・法令遵守に貢献できる
  3. 経営戦略、財務など経営全般に関する基礎知識が身に付く
    • 「SWOT分析」「BSC」など経営全般の知識や財務諸表・損益分岐点分析など会計・財務の知識が身に付き、ITを活用した業務の課題把握と解決力が養われる
  4. 業務に必要なITの基礎知識が身に付く
    • 情報システムやネットワーク、データベースなどITの基礎知識が身に付き、顧客や社内の情報システム部門、IT企業との円滑なコミュニケーションに役立ちます

ITパスポート(iパス)のメリット【IT力の向上】

  1. ITを活用した業務効率化とビジネス拡大に役立つ
    • ITの基礎知識を活かすことで、業務にITを積極的に取り入れ、業務効率化を図れる
    • ITを取り入れた新規ビジネス・イノベーションの提案ができる人材も育成可能
  2. 組織のIT力向上とコンプライアンス強化
    • 機密情報・個人情報の漏えいなどの原因は社員のシステム誤操作や確認漏れ・管理不徹底など人的ミスがほとんどですが、ITパスポート(iパス)を活用する事で、会社全体のIT力向上とコンプライアンス強化に繋がる
  3. 社員研修・新入社員研修で多くの企業が活用
    • ITの基礎知識を習得させるためにITパスポート(iパス)を社員教育として活用する企業や新入社員・内定者への導入教育として活用する企業も多数ある

ITパスポート(iパス)のメリット【 就職・進学で役立つ 】

  1. 就職活動における自己アピールに役立つ
    • ITパスポート(iパス)は社会人としての基礎知識とIT力を証明する国家試験で、面接・履歴書等でアピールできる
  2. 採用時にITパスポート(iパス)を活用する企業や省庁
    • 新卒採用時にITパスポート(iパス)の合格やスコアを確認する企業が増え、国家公務員の採用時にITパスポート(iパス)などの保有から情報セキュリティに関する素養を確認する省庁もある
  3. 全国多数の大学がITパスポート(iパス)を評価
    • ITパスポート(iパス)合格を条件に入試優遇措置や単位認定を行う大学も多々あり、ITパスポート(iパス)のシラバスに準拠した授業・カリキュラムを実施する大学もある事からITパスポート(iパス)の勉強を通じて、入学前にITの基礎知識や経営全般の基礎知識を習得する学生もいる
  4. 他試験においても優遇される
    • ITコーディネータ(ITC)試験では、ITパスポート(iパス)試験750点以上でITコーディネータ(ITC)試験の一部が免除される専門スキル特別認定試験を受験できる

ITパスポート(iパス)の試験内容

項目内容
試験時間120分
出題数小問:100問
出題形式四肢択一式
出題分野ストラテジ系(経営全般):35問程度
マネジメント系(IT管理):20問程度
テクノロジ系(IT技術):45問程度
合格基準総合評価点600点以上であり、分野別評価点もそれぞれ300点以上であること

○総合評価点
 600点以上/1,000点(総合評価の満点)
○分野別評価点
 ストラテジ系:  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
 マネジメント系: 300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
 テクノロジ系:  300点以上/1,000点(分野別評価点の満点)
試験方式CBT(Computer Based Testing)方式
受験者はコンピュータに表示された試験問題に対してマウスやキーボードで解答
採点方式IRT(Item Response Theory:項目応答理論)に基づいて解答結果から評価点を算出

ITパスポート(iパス)のテスト対策

ITパスポート(iパス)のテスト対策としておすすめの教材を紹介します。


スポンサードサーチ

ITエンジニアを目指す人へおすすめ記事

ITエンジニアへ就職・中途転職するためにどこで求人を探せばいいのか?

ITエンジニアのためのおすすめ記事

➤エンジニアでスタートアップ【おすすめフリーランスエージェント】

➤エンジニアでスタートアップ【おすすめ転職求人サイト】

まとめ

「ITエンジニアとしてスタートアップで企業したい」

「IT企業へ転職したい」

「ITのフリーランスで独立したい」

様々な理由があってWeb資格・IT資格を勉強する人がいると思います。

自分に合ったWeb資格を見つけて理想の自分像を実現して下さい。